閉じる

株式会社きちりがshouinの全店舗への導入を開始しました

2018年8月21日

ピーシーフェーズ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役 吉田 和弘、以下「ピーシーフェーズ」)は、株式会社きちり(本社:大阪市中央区、代表取締役:平川 昌紀、以下「きちり」)が経営する「KICHIRI カジュアルダイニング」「いしがまやハンバーグ」「3 Little Eggs」など全ブランド約100店舗において、当社が提供する動画トレーニングサービス「shouin」の導入を順次開始したことをお知らせします。

【shouin導入の目的】
昨今様々な産業で人材不足が深刻化されており、店舗ごとのサービスの質のバラつきや、新たにスタッフを採用しても新人教育が上手くいかず定着しないといった課題を抱えています。 ピーシーフェーズが開発した「shouin」は、「サービスの平準化」と「人材定着」をキーワードに、動画による人材育成を主とした人材管理を行うことでこれらの課題の改善を目指します。

きちりでは、教育システムのKICHIRI MBAやキャリア制度の導入など、様々な取り組みにより「アルバイト採用人数を最大60%削減」や「年間退職率を20%減少」を実現してきました。 今後、さらなる人材定着、サービス平準化の促進を目指すため、自社ブランドである約100店舗の飲食店へ「shouin」の導入を順次進めていきます。

【shouin採用の決め手】
きちりでは、紙ベースやWEB上のチェックシートを使ったトレーニングに不合理さを感じると同時に、 動画を使った伝達のメリットも感じていながら、 動画の撮影やアップデートの手間、現場への落とし込みにおいての障害がありました。

今回、shouinを導入するにあたり、現場への落とし込みのしやすさと、混乱なく現場へ浸透させられるだけの使いやすさが大きな決め手となっています。 また、スタッフ一人ひとりのトレーニング状況や分析データの結果をもとにして、業務改善が期待できる点もひとつの要因です。

◆きちり導入事例インタビューはこちら


【無料セミナーのお知らせ】
『shouin』を導入された、株式会社きちりによるセミナーを開催致します。 本セミナーでは、きちり人事責任者 岸本様をお招きして、きちりでの「従業員の定着」や「即戦力化」の取り組みについてお話しいただきます。 「教育システムKICHIRI MBA」や「キャリア制度」など独自のノウハウについてもお話しいただきます。労働集約型ビジネスモデルでアルバイトの定着率、 戦力化に課題のある企業様に是非聞いていただきたいセミナーです。

◆【無料セミナー】きちり流100店舗でもアルバイトがありえない活躍をする組織づくり
https://shouin.satori.site/seminer
セミナーの申し込み受付は終了しました

資料をダウンロード